バンクイック
シュミレーションで
返済計画

教育ローン審査甘い?便利なバンクイックの返済シュミレーションとは?

教育ローンを知っていますか?教育ローンとはローンの使い道が教育関係の限定されたローンです。

主に教育を受ける学生の保護者が学費や入学金などの支払いのために申請することが多いようです。

義務教育以上の学費や私立の小・中学校なども利用対象となります。

教育ローンの融資を行っている金融機関は大手銀行はもちろん地方銀行などになります。

事前に確認しておきたい点として、融資先によっては、保育園の費用や習い事には教育ローンが適用されない事があります。

奨学と教育ローンの違いは何でしょう?教育ローンと奨学金は教育のために借りるお金と言う点では共通しているのですがそれぞれ中身は異なります。

教育ローンは借主が保護者ですが奨学金は学生である本人に貸し付けられるものです。

借り方についても違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月定額振込みが基本です。

利息についても両者には違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのですが、奨学金の場合は、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期は教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金は卒業後になります。

金利が低い教育ローンと言えば年1.76%(固定金利)という金利で銀行やノンバンクの教育ローンと比べるとかなり安いです。

一般的に銀行で3から5%、信販系は5から10%という金利が多いので国のローンがどれだけ低金利なのかがわかりますね。

使途は、学費以外にもアパート代やパソコン購入費など教育に関連したことであれば学校納付金以外にも広く利用することができます。

ただし、国の教育ローンは低所得者の方のためのローンですので対象となるのは大学や専門学校などを目指す中学校卒業以上の子供になります。

高校生にかかる学費はピンキリです。

私立なら年間70万円以上もかかります。

学費が払えないということになったらどうなってしまうのか?最悪の場合、除籍や退学をさせられてしまいます。

高校は教育機関なのですぐに除籍になることはありませんが3か月以上滞納すると除籍・退学になる可能性が出てきます。

払えないときの解決策は借金になりますが借りる際には借入先を慎重に選ばないと借金が膨大になってしまう可能性があります。

教育一般貸付(国の教育ローン)なら世帯年収が低い方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

アルバイトの方でも収入があれば教育ローンを借りることは可能です。

ですが、ローンを組むには条件があり20歳以上の成人でないと融資を受けることはできません。

また、融資を受けるには安定した収入が必要となっているところが多いので勤続年数は2年以上は必要と言われています。

返済能力も審査をクリアする上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の収入が必要になります。

いずれにせよ、借主が学生自身というのは珍しいことなので奨学金のほうが可能性が高いと言えます。

教育ローンという進学などのため費用を融資してくれるローンを提供している金融機関は銀行をはじめノンバンクなど数多くあります。

その中で特におすすめなのは教育一般貸付いわゆる国の教育ローンです。

銀行と比べた場合最高融資額が350万円と少なめですが、年利は1.76%で固定金利となっています。

大学や高校だけでなく専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料だけでなく定期代やパソコン購入費など広範囲に認められています。

学生本人が教育ローンを借りることは基本的には難しいでしょう。

学費目的と言ってもお金を借りることに変わりはありませんので借主は貸借契約の責任を取らなければいけません。

そのためにはまずは成人であることが求められますし安定継続した収入があることが前提となります。

その上、今働いている職場を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などすべてを自分の稼ぎで賄えていることも重要です。

そのため、国の教育ローンよりも銀行などで扱っている教育ローンのほうが融資が認められる可能性は高いでしょう。

教育ローンの受け取り方のひとつに一括借入れ型があります。

分かりやすく言えば住宅ローンのように一括で入金されるタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの多くはこの一括タイプになります。

一括借入れ型の特色としてはローン契約成立と同時に返済金額が決定する事です。

返済計画が立てやすい一方、追加資金が必要になってしまったときは、新規でローンを組まなければいけないというデメリットもあります。

埼玉りそなの教育ローンをご存知ですか?埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前で提供されています。

変動金利になっているので年に2回ほど金利が更新されます。

2017年12月25日現在(変動金利)の金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は1.80%まで割引金利が適用されます。

最大借入可能額は500万円で返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年、法科大学院は最長16年までとなっています。

最長4年6ヵ月は利息のみの返済も可能で、入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内に申し込めば借入れ可能です。

教育ローンでいくらまで借りられるかは各種融資機関によって融資額は異なります。

国の教育ローンの場合、最大350万円まで借り入れが可能です。

民間で運営している銀行では300万円から1000万円程度が一般的です。

進学先が医学部や獣医学部などといった医療系の学部であれば、最大3000万円までの教育ローンを組める銀行もあります。

一方、信販会社の中には学校と提携して教育ローンを提供していることもあり、提携校によって融資額が変わります。

参考:教育ローン審査甘い?基準通らない理由!【低金利おすすめは?】

三菱UFJ銀行のカードローン、バンクイックはかなり人気が高いようだが、カードローンに申し込む時には、やはり返済計画をある程度シュミレーションしておいた方がいいだろう。教育ローン審査甘いのかどうかもわかるかもしれませんしね。バンクイックシュミレーションで返済計画を立てるなら、バンクイックのホームページにある、ローンシュミレーションでできるはずだ。

 このローンシュミレーションは、住宅ローンやマイカーローン、教育ローン、多目的ローン、リフォームローンなど、借りる目的に応じて返済シュミレーションができる仕組みになっている。 借りる前からバンクイックシュミレーションで返済計画を立てれば、月々の返済額に対しても心づもりができる上に、教育ローン審査甘いといってもムリをしない借り方をするのではないか。

 こうしたシュミレーションを怠ってしまうと、余分に借りてしまう恐れもあり、余分に借りてしまうと、後々取り返しがつかないことに発展する可能性もある。 そうした最悪の事態を避けるために、今自分がどれだけ必要なのか、どれくらいの金額なら負担なく返済していけるのかを確かめることが大事だろう。

 バンクイックシュミレーションをすれば、そうした返済計画が一目瞭然だから、借り入れをする前には、必ずシュミレーションでハッキリとした数値を出しておくべきだろう。 借り過ぎないように、そして返済するんだという意識をしっかり持てるように、返済計画はちゃんと立てておくことだ。 少額の場合ならあまり心配はいらないが、高額借り入れということであれば必須だ。